<< うらばなし | main | 夜の想い >>
  • I’m FISH


今日で、8月は終わりですね。
すごく、濃密度な夏でした。


楽しいときは、あっという間に過ぎますねぇ。


週末はライブに行って来ました。
大阪から、山梨まで!!


音楽専門チャンネルのスペースシャワーTVのフェスである「SWEET LOVE SHOWER」に。

目当てはもちろん、「FISHMANS:UA」


そう、今回のライブのボーカルは、UAだったんですよ。


フィッシュマンズのサポートキーボード兼バイオリニストだったHONZIさんが2年前に亡くなられたんですが、
UAとHONZIさんは昔、ルームメイトだったそうです。


今回のライブのことも、昨年のHONZIさんの追悼ライブの時に感じるものがあって
ボーカル・ギターの佐藤さんが亡くなって10年になる今年、
フィッシュマンズの音を鳴らしたい!!という茂木さんの想いがあって実現したみたいです。


だから、UAがボーカルなのも納得。



そして、今年はスカパラの20周年にあたり、茂木さん、めちゃくちゃ忙しいはずなのに
その中のスケジュールをぬって、ライブをしてくれたことにまず本当に感謝です。

スカパラ、7月はヨーロッパツアーで日本に居なかったしね。
8月はフェスに出まくっていたし、
28日にSLSにフィッシュマンズで出演して、
翌日は新潟のフェス、その翌日はまた同じSLSにスカパラとして出演。

茂木さん、倒れるんじゃないかってスケジュールを見ながら心配してしまいました。


FISHMANSを知らない方は、Webで検索したら、たくさん出てきます。
動画で音楽も聴けちゃいます。


かえるの中のフィッシュマンズはかえるだけのものだけどね。


多分、みんなひとりひとり、フィッシュマンズとの思い出や対話を持っているんだと思います。
ライブではそれが本当によくわかった。



演奏時間は丁度、夕暮れ時。
山中湖の湖畔なので、バックに富士山が見えて、
ゆっくりと太陽が沈んで空が暗くなっていく時間帯。


サウンドチェックは普通のバンドだと、ローディーさんがやっているんだけど
メンバーが!!それぞれの楽器のサウンドチェックをしていました。
ライブの始まる30分くらい前から、茂木さん、柏原さん、HAKASEさん、小暮さん、見放題。


開演の少し前、サウンドチェックを兼ねたセッションをしてくれて
「I DUB FISH」と「土曜日の夜」のフレーズが流れたら
本当に少しだけのフレーズなのに、会場がどよめいたんですよ。


みんな、フィッシュマンズのイントロもしくはフレーズクイズとかしたら
いい勝負しそうですね。


一曲目は


「すばらしくて NICE CHOICE」!!!!!!


初めて買ったフィッシュマンズのCDが「空中キャンプ」で
その中に入っている1曲なんだけど、最初ので出しがものすごく鳥肌立つくらい好きで
「空中キャンプ」の中では、何回リピートして聴いたかって言うくらいの曲なんですよ。


セットリストは、SLSの公式HPに載っているので省略。
UAの曲を2曲、フィッシュマンズの曲を4曲演奏してくれました。


キーボードのHAKASEさん脱退後、サポートに入ったのがHONZIさんだったので
HAKASEさん在籍の頃の曲を中心にやるのかなあ、と思っていたけれど
割と後期の作品を選曲してました。


かえるは後期から入ったので、嬉しかったけどね。
初期も好きなんだけど、やっぱり後期の方が自分の思春期とリンクするからなんだろうな。
リアルタイムで聴いていたというか。


「WALKING IN THE RHYTHM」、最高。


最後は「ナイトクルージング」

夏の夜に、ぴったりで。
ちょっと、夏の夜・・・にしては、寒かったけど(笑)



本当に終わって欲しくなくて、ずっと聴いていたかった。
35分なんて短すぎる!!!


多分、会場の人たちもみんな同じ気持ちだったんだろうな。

フィッシュマンズの演奏後、拍手が鳴り止まなくて、
機材も全て片付け終わっちゃったけど、まだ鳴り止まなくて
トリのDragon Ashの演奏が始められなくて、
フェスにしては異例で、茂木さんを始め、メンバーがもう一度ステージに現れて、
茂木さんがマイクなしで(片付けられちゃってるから)
「本当に嬉しかったよ〜」って叫んで
「今日はもう演奏はできないけれど、また絶対にやるからね〜!!」って言ってくれて
やっと、解散。


もう、本当に涙が出ましたよ。

周りの人もみんな目が潤んでいて、
みんなフィッシュマンズと大事な何かを共有してるんだなあって思ったんですよ。


いつか、なんてわかんないけれど、茂木さんの気持ち次第だけど、
また、いつか。


ただね、佐藤さんやHONZIさんが亡くなって、
それでも、FISHMANSであり続ける、というのは、課題も多いのかなとも
思っちゃったりしたんですよ(正直ね)


でも、フィッシュマンズで演奏している茂木さんは本当に好きです。
他のメンバーも、もちろん。
音楽に対する真摯な姿勢があるから。
フィッシュマンズというバンドに対する愛情が、
多分、ファンよりも演奏する側の方が強いと思うんです。


賛否両論あるけれど、
かえるはまた、いつか、音楽と時間と空間を共有したいな。




I’m FISH.



ありがとう。




まあ、追記ですが、
bonobosの蔡さんのブログを見たら、蔡さんも個人的にSLSに来てたみたいで。
やっぱり、FISHMANSを見に来たんだ〜って思いました。


あの会場に居たのか〜そうか〜。




友達が誘ってくれたので、秋にはスカパラのライブに行きます。
スカパラではスーツだけど、
フィッシュマンズで演奏するときは絶対に半パンなんですね〜、茂木さん。


ドラム叩いている時は、少年のようです。


音楽に夢中、だからですかね?



|| コメント
  • 2009/09/01 1:52 AM
  • posted by: はな
mixiの足跡からお邪魔します、はなです。
あの幸せな空気を共有できた縁に、こちらにも失礼します。
私もHAKASEさんいらしたので初期らへんかと思ってましたが
意外にも後期。でもこのへんはUAによく合いますよね◎
HONZIさんとルームメイトだったんですね、知らなかったです。

あの拍手を目の当たりにして、メンバー、特に欣ちゃんは
さらにフィッシュマンズでいることの意味を感じたんじゃないかな、と思いました。

いつだっていいから、鳴らし続けてくれるって気持ちが嬉しいですね◎

でわ、失礼しました



  • 2009/09/01 9:18 PM
  • posted by: かえる

本当に、幸せな時間でしたね。
正直、佐藤さんが亡くなって、10年という区切りの年だったので、
次はもうないのかも…という気持ちもあったんです。

だから、茂木さんの言葉は嬉しかったですね。

また、同じ空気を、音楽を共有できたらいいですね。

ありがとうございました。









|| トラックバック
CALENDAR
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
MOBILE
qrcode
LINK
PROFILE
SEARCH
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
POWERED
無料ブログ作成サービス JUGEM
OTHERS