<< 秋の散歩 | main | 浮かれてきました。 >>
  • すばらしくてNice Choice

空中キャンプpresents すばらしくてNICE CHOICE vol.10 @心斎橋クラブクアトロ

まず、イベントの詳細についてコチラ

韓国でもフィッシュマンズは人気があって
韓国のソウルにそんなファンの方が作った「空中キャンプ」というカフェがあり
何年か前から、フィッシュマンズに関係のあるミュージシャンがそのカフェに呼ばれて
ライブをするイベントがあることはずっと知っていたのですが、
韓国で日本の音楽を好きでいることがこんなに大変なこととは私も知りませんでした。

そんな状況の中、また日本と韓国のレートや基本給の差等を考えると
日本のアーティストを呼ぶこと自体かなり金銭的にも苦しかったみたいです。

今回は「空中キャンプ」と柏原譲さんの共同開催ということで
日本と韓国の両方でイベントを開催して、
日本開催のイベントで出た収益を韓国のイベント開催に充てる、という発想で
行われることになったみたいです。

韓国で年に何回か開催されていて、正直、羨ましいな〜と思っていたので
日本で開催してくれて、嬉しかったです。

今回の出演は下記。
otouta / Hicksville / So many tears(茂木欣一 / 柏原譲 / 加藤隆志)/ Special Session Band


otoutaはメンバーが3人の時は知ってたのですが(その時はインストバンドだった)、
いつの間にか正式メンバーが2人になっていた上に
サポートが3人入っていて、5人編成の歌バンドになっていたのでめっちゃびっくりしました。

しかも、ラップ??
そして、ドラマーが嵐の松潤にしか見えず(タバコジュースの脇山さん)
なんていうか、びっくりしました。
ホンマにめっちゃ似てるんですよ〜。


Hicksville も名前はお馴染なのですが、お初。
しかし、小暮晋也さんは、bonobos、オザケンにも参加してたので、
小暮さんばかり、しょっちゅう会っているような気になってしまいました。


そして、So many tears!
めっちゃ、楽しみにしていました。

今回、整理番号が結構早かったので、左側の一番前で友達と観ていたんですが
Hicksville から転換する時に、目の前(ステージの左側)に茂木さんのドラムセットが組まれてきて…

えっ!!??もしかして・・・

心斎橋クラブクアトロは、めっちゃステージが低いんですよ。
段差が50センチくらい?
ステージも狭いので、一番前は本当に出演者にめっちゃ近いのです。

ハイ、おわかりですね。


友達と2人で思いっきり叫びましたよ!!


茂木さんとうちらの距離は2メートルもないくらい。
しかも、ドラムは座って叩くので、演奏中、もうどこ見ていいのかわからないくらい
茂木さんの目の前だったのですけど…!!!

こんなに近くで茂木さんの演奏を観ることは一生ないやろうな…

いや、本当にかわいいし、カッコいいんですよ。
というか、42歳でそのかわいさは反則ですわ(笑)

ちなみに、茂木さんが左側、柏原さんが真ん中奥、加藤さんが右側という並びでした。


So many tearsはフィッシュマンズっぽいかというとそうでも無くて
初めて作った曲、と紹介された曲だけちょっとフィッシュマンズテイストがあったかな?というくらいで
もっと骨太でカッコいいバンドだなって思いました。

歌詞は全編、英語だったので、早く音源化してもらって、ちゃんと歌詞を知りたいな。

そして、3ピースなのにすごい音の深みと厚みでした。
ドラマーとベーシストとギタリストのバンドでしたよ。


最後はSpecial Session Band

今日出演したメンバーから選抜でフィッシュマンズの曲をセッションしていきました。
それと、元bonobosのコジロヲさんがギターで参加。

まずは茂木さんボーカルで「Season」

「もうすぐ秋だねえ…」って歌われると、<新世界>やらんとなあ…と。すいません。

「BABY BLUE」 大野恭子
「ひこうき」 木暮晋也(ギターソロ弾き語り!!)
「100ミリちょっとの」 真城めぐみ
「すばらしくてNICE CHOICE」 泉水政輝

そして、登場したのはbonobosのボーカル、蔡さん!!

思いっきり、bonobosテイストで歌ってましたね。

「感謝(驚)」

こんなに踊り狂う曲じゃないのに、会場の乗せ方上手いっス。

今回、韓国と日本をつなぐ形のイベントになったのだけど
蔡さんからしたら、どんな風に映っているんやろうか?
…とか、ちょっと気になったりして。

「きみがいるからぼくはこのくにがすきなのさ」(春夏秋冬 by bonobos)

なんて、ときどき(蔡さんにとっては日常なのだろうけど)ドキッとさせられるから。
知らんふりするなよって。


最後は竹中直人さん。
曲はもちろん竹中さんお気に入りの「いかれたBABY」

最後にみんな出てきて、大団円。


心斎橋クラブクアトロは、来年の9月には閉店してしまうので、
フィッシュマンズの思い出の場所で、このイベントが観れて良かったです。

でも、終わったら、23時回ってるの!!

ちゅーか終電でした。平日なのに。
友達も終電があるから、最後まで居られなかったり、
ちょっと、時間はたっぷり過ぎたというか、
時間が押しまくっていたみたいで、アンコールもやってる時間も聴く時間もありませんでした。
最後は終演時間を気にして、会場みんなそわそわしてたし。

そこだけは残念…


これからも、日本でも開催していってくれるのかな?

でも、改めて、フィッシュマンズってすごいバンドやなって思いました。
佐藤さんが生きていた頃も、いなくなってしまってからの今のムーブメントも含めて。

物語は続いていくんだな、と。


|| コメント









|| トラックバック
CALENDAR
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
MOBILE
qrcode
LINK
PROFILE
SEARCH
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
POWERED
無料ブログ作成サービス JUGEM
OTHERS